Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さといも焼酎について

里芋笑酎『良い夜サ 酔い夜サ』につきまして、
「カビのような沈殿物ができる」というご意見をいただきましたので、
メーカーに問い合わせました結果を掲載させていただきます。

以下 メーカー回答


「カビのような沈殿物ができる」ということですが、焼酎はアルコール度数が高く、
微生物が繁殖できる栄養素がありません。
よって、その沈殿は微生物によるものではありません。

考えられるのは、里芋焼酎にかかわらず本格焼酎と呼ばれるものには原材料を起源とする
油分(なめらかさの成分)・エステル成分(香りの成分)・炭素数の多いアルコール
(エタノールは炭素2個、炭素数が7個以上になると固形化します。)が含まれております。

その為、貯蔵期間中の焼酎原酒は時間の経過とともに、白ぽく濁りはじめ、
更に時間が経過すると「もやもや」の状態でタンク底部に沈殿します。

商品化する場合は、濾過処理を行い、その濁り分を取り去り透明にします。

里芋焼酎に関しても、製品化前に濾過処理を行っております。
ただ、気候が寒冷な場合や、冷蔵庫にて長期保存をされた場合など、
稀に白っぽい成分が出始めることがあります。
これは、焼酎中に含まれる成分です。

以上、ご報告いたします。



ということであります。

私達の説明不足により商品をご購入いただいたみなさまに、
大変不快な思いをさせてしまったことにお詫び申し上げます。

今後ともご愛飲いただきますようお願い申し上げます。


この度は貴重なご意見ありがとうございました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。